切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

切手買取のお役立ち情報

ネットで切手買取をしてもらう方法とは?

ネットを利用するビジネスの展開が進められてきたお陰で切手買取はネットを経由して申し込めるようになっています。
日本には全国各地に切手買取を行っている業者があり、それぞれのホームページから申し込むことが可能です。
一般的に行われている買取方法は店頭買取、出張買取、宅配買取の三種類であり、ネットを使って店舗に行かずに買い取ってもらえる方法は出張買取と宅配買取の二種類になります。

ネットで切手買取をしてもらうときにはまずウェブフォームやメールを使って申し込みを行います。
売りたい切手についての情報として日本切手、中国切手などの国の違いや記念シートかバラの切手か、それぞれの切手の額面がいくつになっているかといったことを伝えるのが基本です。
そして、その切手がいくらで売れるかを見積もってもらうために査定を受けることになります。
店頭居たいの場合には出張査定か宅配査定を選ぶことになりますが、どちらも査定価格を出してもらうまでは無料です。

この申し込みを行った後はどの査定方法を選んだかに応じて切手を業者に査定してもらう手続きを進めます。
出張査定を依頼した場合には出張に来てもらう日時を打ち合わせするのが最初の段階です。
メールや電話でのやりとりになり、日時を決めると査定員に来てもらうことができます。
通常はその場で査定価格を出してもらうことができますが、査定の専門員が別にいる場合や量が多い場合などは引き取ってもらって後日に査定価格をメールや電話で通知してもらうという形を取るのが一般的です。
どちらの場合には即現金で買い取るということはあまりなく、査定してもらった結果に納得したら後日に銀行振込などによって支払われます。
中には出張査定でその場で査定を行い、その場で現金払いをしてくれる業者もあるので必要に応じて選ぶと良いでしょう。

宅配査定を選んだ場合には業者側が指定している方法で切手を梱包して送ることになります。
郵便か宅配便のどちらかを指定されていることが多く、運送中に汚れて状態が悪くなってしまわないように丁寧に梱包をして送ることが大切です。
送ってしまえば業者の手元に切手が届き、順次査定を行って結果をメールや電話で通知してもらえます。
その査定価格で納得できた場合にはそのまま買取を依頼し、メールや郵送で書類手続きをして銀行振込などによってお金を渡してもらうという手順になるのが一般的です。

このような人件費も交通費もかかる作業をしてもらうことになりますが、業者側としてはサービスとして行わないと売るための在庫が手にはいらないので無料査定になっています。
切手を売りたいというときには無料査定であるメリットを生かすのが大切です。
ネットで切手買取を申し込むのは比較的簡便であり、相見積もりを取る手間が大きな負担にはならないというメリットがあります。
業者によって切手の価値をどのように評価するかに違いがあるため、相見積もりをすると価格に大きな差が生じることは少なくありません。
記念シートに力を注いでいる業者もあれば、中国切手の取り扱いを専門にしている業者もあります。
高く転売できると業者が判断すれば高く買い取ってくれるので、多くの業者に査定を申し込んで相見積もりを取るのが高く売るためには大切です。
店舗に足を運ぶのでは大きな労力が必要になりますが、出張査定や宅配査定を利用すると申し込みをしたら出張に来てもらうのを自宅で待つか、切手を送ってしまうだけで査定が受けられる手軽さがあります。
ネットを活用して高く売るための基本は相見積もりを行うことであり、それと合わせて業者側の専門性を分析して自分の持っている切手の価値を理解してくれる業者を選ぶのが肝心です。

不要な切手を手軽に買取ってもらうには?

昔買った切手や不要になった切手、趣味で集めていた切手などを換金する方法はたくさんありますが、切手を発行している郵便局では換金することはできません。
主な換金方法としては、金券ショップに持って行くか切手買取業者に買取を依頼する方法があり、よほど大量の切手でない限り即日買取を行ってもらえます。
また、インターネットなどの買取専門のウェブサイトからも、買取の依頼をすることができ、忙しいひとやたくさんの切手を買い取ってもらう人にはオススメの買取方法です。

・店頭に持って行く場合の切手の換金方法
店頭に持って行く場合は、金券ショップでも切手買取店でも同じで、基本的には買取に持っていった切手を査定員が、店舗の買取マニュアルに沿って換金額を算出します。
その換金額に納得すれば確認書類などにサインをして、基本的にはその場で現金を受け取り終了です。
買取の金額や買取が初回の場合は、身分証明書の提出を求められたり、拇印(ぼいん)を求められたりすることもあるので、買取依頼に行く際は、身分を証明できる免許証やパスポートなどをあらかじめ用意しておくと良いです。
身分証明書がないと、買取を断られてしまうことがあるので注意が必要です。
また、未成年の場合は保護者の承諾書が必要で、一度家に帰ったりしないといけない為、二度手間にならないように親と一緒に行くことをお勧めします。

・買取専用のウェブサイトを利用した場合の切手換金方法
ウェブサイトを利用する場合は、インターネットが接続できる環境であれば、スマートフォンやタブレット端末、パソコンを使って、どこからでも申し込みすることができます。
切手買取業者のウェブから、専用の買取フォームに氏名や住所、メールアドレス、買取を依頼したい切手の種類などを入力して、買取の受付を済ませます。受付を終わらせたらそのまま切手を送っていい場合や、買取業者から専用の段ボールなどが送られてきて、それに切手を入れて返送する場合などがあるので、ウェブサイトをよく読んでください。
基本的に送料は無料の場合が多く、送る際は、運送会社と提携しているコンビニに持ち込むか、運送会社に電話やインターネットなどで集荷を依頼し着払いで送ります。

荷物が到着すると査定され、電話かメールで換金額が伝えられます。
査定額に納得がいけば、指定の銀行口座にお金が振り込まれて買取は終了です。
金額に納得いかない場合は返却してもらえますが、返却の際の送料は買取依頼者負担になることが多いので注意が必要です。

・オススメの買取方法
金券ショップでの切手の換金は、マニュアル通りの買取しかしてもらえないところが多く、あまりメリットがありませんし、ネットでの買取も納得がいかなかった場合、返送料金がかかったり、買取フォームの入力や、自分で荷物を送るといった手間が多いので面倒です。
切手買取業者であれば、専門的な切手の知識があり、単純に額面だけではなく希少価値が高いものやエラー切手などにはそれなりのプレミアム価値で評価してくれるし、1枚ずつ丁寧に査定してくれるので、エラー切手などの見落としもなく安心して依頼することができ大変オススメです。

・買い取ってもらえる切手の種類
買い取ってもらえるのは普通切手(明治・大正・昭和)や記念切手・特殊切手、航空切手、小型シートなどです。
買取を依頼する会社には必ず買い取ってくれる切手の種類や名称が載っているので、それを参考にすると良いですし、もしかしたら持っている切手が額面以上の価値のある可能性もあります。

古い切手や、普段見ることのないような切手は、大変価値の高い切手の場合があります。
もしかしたらと思ったら、このような買取業者に査定を依頼してみると良いです。

ネットで切手買取をしてもらう方法とは?

ネットを利用するビジネスの展開が進められてきたお陰で切手買取はネットを経由して申し込めるようになっています。
日本には全国各地に切手買取を行っている業者があり、それぞれのホームページから申し込むことが可能です。
一般的に行われている買取方法は店頭買取、出張買取、宅配買取の三種類であり、ネットを使って店舗に行かずに買い取ってもらえる方法は出張買取と宅配買取の二種類になります。

ネットで切手買取をしてもらうときにはまずウェブフォームやメールを使って申し込みを行います。
売りたい切手についての情報として日本切手、中国切手などの国の違いや記念シートかバラの切手か、それぞれの切手の額面がいくつになっているかといったことを伝えるのが基本です。
そして、その切手がいくらで売れるかを見積もってもらうために査定を受けることになります。
店頭居たいの場合には出張査定か宅配査定を選ぶことになりますが、どちらも査定価格を出してもらうまでは無料です。

この申し込みを行った後はどの査定方法を選んだかに応じて切手を業者に査定してもらう手続きを進めます。
出張査定を依頼した場合には出張に来てもらう日時を打ち合わせするのが最初の段階です。
メールや電話でのやりとりになり、日時を決めると査定員に来てもらうことができます。
通常はその場で査定価格を出してもらうことができますが、査定の専門員が別にいる場合や量が多い場合などは引き取ってもらって後日に査定価格をメールや電話で通知してもらうという形を取るのが一般的です。
どちらの場合には即現金で買い取るということはあまりなく、査定してもらった結果に納得したら後日に銀行振込などによって支払われます。
中には出張査定でその場で査定を行い、その場で現金払いをしてくれる業者もあるので必要に応じて選ぶと良いでしょう。

宅配査定を選んだ場合には業者側が指定している方法で切手を梱包して送ることになります。
郵便か宅配便のどちらかを指定されていることが多く、運送中に汚れて状態が悪くなってしまわないように丁寧に梱包をして送ることが大切です。
送ってしまえば業者の手元に切手が届き、順次査定を行って結果をメールや電話で通知してもらえます。
その査定価格で納得できた場合にはそのまま買取を依頼し、メールや郵送で書類手続きをして銀行振込などによってお金を渡してもらうという手順になるのが一般的です。

このような人件費も交通費もかかる作業をしてもらうことになりますが、業者側としてはサービスとして行わないと売るための在庫が手にはいらないので無料査定になっています。
切手を売りたいというときには無料査定であるメリットを生かすのが大切です。
ネットで切手買取を申し込むのは比較的簡便であり、相見積もりを取る手間が大きな負担にはならないというメリットがあります。
業者によって切手の価値をどのように評価するかに違いがあるため、相見積もりをすると価格に大きな差が生じることは少なくありません。
記念シートに力を注いでいる業者もあれば、中国切手の取り扱いを専門にしている業者もあります。
高く転売できると業者が判断すれば高く買い取ってくれるので、多くの業者に査定を申し込んで相見積もりを取るのが高く売るためには大切です。
店舗に足を運ぶのでは大きな労力が必要になりますが、出張査定や宅配査定を利用すると申し込みをしたら出張に来てもらうのを自宅で待つか、切手を送ってしまうだけで査定が受けられる手軽さがあります。
ネットを活用して高く売るための基本は相見積もりを行うことであり、それと合わせて業者側の専門性を分析して自分の持っている切手の価値を理解してくれる業者を選ぶのが肝心です。

お年玉切手シートの買取価格はいくらぐらい?

小型シートとして代表的なお年玉切手シートは、年賀状に付いているくじに当たったときに郵便局に行くと手に入れることができる記念シートの一種です。
普段は郵便はあまり使わないという人にとってはもらっても必要のないものであり、売ってしまいたいと思う場合もあります。
また、郵便を普段から使用しているという場合であっても、お年玉切手シートはそのときにしか手に入らないものだからもったいなくて使わないでいるうちに何年も保管したままになっていることも少なくありません。
普通切手に比べると流通量が少ないことから価値が高いのではないかと考えて買取を依頼しようと考えて問い合わせてみると、意外に安い買取価格になることに驚く場合があります。
小型シートに付いたままなのでバラのものよりは高くなりますが、シートに付いている普通切手や他の種類の記念シートに比べると相場が極めて低いのがお年玉切手シートなのです。

お年玉切手シートの買取相場はほぼ決まっていて70%程度となっています。
52円切手と82円切手を一枚ずつ貼ってあるシートなので額面での価値は134円ですが、買取価格はおよそ92円程度です。
少し古い50円切手と80円切手の場合には90円での買取が一般的になっていて、かなり古いものであっても価格に違いはありません。
美品であると切手の買取価格は高くなりやすい傾向がありますが、お年玉切手シートの場合には美品であることが大前提になっていて、シミや汚れがあったり、折り目が付いていたりするとむしろ減額査定を受けることになるので注意が必要です。
あまり保存状態が良くない場合には半額未満になってしまうこともあるので、保管の際には十分に気を払わなければなりません。
むしろいらないというのであれば、保管しようとせずに速やかに売ってしまった方が安心です。抽選に当たって手に入れた直後であっても数年後であっても価格が変わらないという状況があるので、使わないのなら保管しておく意味がありません。
状態が悪くなって安い買取価格になってしまうくらいなら売ってしまった方が無難なのです。

この買取相場は二枚の切手がセットになってシートについたままの状態であることが前提になっています。
片方を使ってしまったという場合にはもはやお年玉切手シートとしての価値を見出してもらうことはできず、普通切手のバラと同等の扱いになるので注意しなければなりません。
シートが残してあることで価格が上がることはまずないので、売るときには仕分けの上で記念切手としての扱いをしてバラで売ることになります。
ただ、バラとシートの状態での価格差がそれほど大きくない業者が多いので、どちらか一方だけ使いたいというときには使ってしまった方が通常はトータルで見ると利益が大きくなります。

このように価値が低めになっているのは商品として販売されている切手ではないからです。
必要ないのに手に入れたというケースが多いことから、金券ショップなどで売りたいと考える人が多くなります。
結果として供給量が多くなるので市場価値が低下してしまい、買取価格が下がることになってしまうのです。
しかし、普通切手に比べて極めて価格が低いというわけではないため、お年玉切手シートの切手を郵便局で普通切手に交換してから売るという方法を取っても価格的なメリットが生じるわけではありません。
そのようなギリギリのラインで相場が決められていることが多いため、不要だったら潔く相場で売るのが妥当になっています。
金券ショップでも切手買取の専門店でも相場にはほとんど違いがなく、レートを明示しているのが一般的なので手近なところで売るのが賢明です。

切手買取で見積書とか出してもらえるの?

切手を高額買取して欲しいと考えると多くの業者から査定価格を出してもらって比較したいと考えるのが妥当です。
そのときに見積書を出してもらえるのかどうかが気にかかる場合があります。
他の業者でも査定を受けて比較した結果としてやはり当初に高い査定価格を出してくれた業者に依頼すると決めたとしても、見積書がない場合には当初と同じ価格で買い取ってもらえる保証がありません。
相見積もりをして高く売るというアプローチが可能なのかどうかは業者によって異なるので確認する必要があります。

査定価格を一定期間保証してくれる見積書を出すかどうかは業者次第です。
切手の状態は変化していくため、希少さや芸術性が重要になるような高額買取ができる切手の場合にはわずかな間に買い取れる価格が変わってしまう可能性があります。
他の業者での査定手続きを行っている間に当初よりも状態が悪くなってしまうと、当初の査定結果の通りには買い取れないということになってしまうのです。
そのため、あまり見積書を出したいとは言わない業者も多く、交渉次第で出してもらえるかどうかが決まります。
ただし、いくつかの業者については最初から見積もりを依頼するように勧めているので、確実に見積書を出してもらうことが可能です。
その有効期間についても統一的な期間が定められているわけではないため、業者との交渉を行う必要があります。

ただし、額面に基づく取引になる場合には比較的見積書の作成に応じてもらえることが多くなります。
業者によって価格の計算方法が決まっているからであり、郵便局でいつでも売っている普通切手のバラのものや小型シートのものなどは額面に対して一定の比率で価格が決まるのが一般的です。
この場合には状態の違いが価格に影響することがほとんどないため、業者側が普段は見積書を出さないという場合であっても作成してもらえる可能性があります。
記念日に関わる小型シートの切手などのやや価値が高いものであっても、比較的発行日が新しい切手の場合には相場が決まっているので見積書の作成に応じてくれます。
このような対応は切手の専門店に限らず、リサイクルショップや金券ショップでも同様です。
ただし、店舗のルールとしてどのようなケースであっても見積書を作成しない場合もあるので、その場合には諦めざるを得ません。

また、査定の依頼方法によって見積書を出してくれるかどうかが決まる場合もあります。
店頭での査定の場合には見積書を作成できるけれど、出張査定や宅配査定の場合にはできないという対応をする業者もあるので注意が必要です。
店舗での手続きが必要になるケースでは出張査定ではできず、切手の返送が必要になってコストがかかりやすいと想定される宅配査定では遠慮して欲しいという対応を取ることがあります。
ただし、オンライン取引が定着してきているお陰でメールベースでの見積書を後日に送ってもらえる場合もあるので、個々に業者に問い合わせてみるに越したことはありません。
また、店頭査定だからといって必ずしも見積書を作成してくれるわけではなく、金額をその場で伝えるだけしかしてくれない場合もあるので気をつける必要があります。

予め見積書の発行をしてくれるかどうかを確認した上で査定を依頼すれば相見積もりによって高額買取を目指すアプローチを取ることができます。
かなりの数の業者が見積書に応じてくれるのでまずは査定依頼をする前に問い合わせをしてみるのが肝心です。
何度も同じ業者に査定を依頼する手間をかけずにスムーズに比較を進めるためにも、見積書の作成に関して誠実な対応を取ってくれる業者を最初に選定しておくようにしましょう。

切手は買取専門店に売ったほうが高く売れる?

まったく興味を持たない人にとっては「ゴミと同等」のように扱われてしまうこともありますが、人によっては垂涎するほどの価値があるマニアックな趣味の一つが「切手収集」です。
いわゆる「コレクター」と呼ばれる人たちは、各々が欲するもに関しては、たとえあり得ないほど割高な金額だったとしても購入してしまうほどの意欲があります。
もっとも、簡単に手に入るものであれば誰も高額な価値を付けて購入しようなどとは思いません。

どういうことかというと、「コレクター」「マニア」と呼ばれる人たちが高額な価格だとしても垂涎してしまうものには、「プレミアム価値」が存在してるということです。
たとえば、世界中で1つしかないフィギュアがあったとして、このフィギュアを購入したいと思っている人にとっては何が何でも手に入れたい対象になります。
それこそ、家を売ってでも手に入れたいと思う人がいるため、価格は青天井につり上がっていく可能性があります。

いつの時代でも一定数のコレクターが居ることで知られる「切手」は、欲しいと思える人にとっては価値があるものかもしれませんが、特に欲しいという欲求を持たない人にとっては「単なる切手」に過ぎません。
80円の切ってならば80円分の価値しか見出すことができないわけですが、世の中にはコレクターが居ることを知っている人ならば、仮に100円を出してでも購入する人がいます。

この仕組みを上手に活用しているものが「リサイクルショップ」「金券ショップ」などであり、他にも「質屋」なども該当します。
この手の専門業者であれば、切手の価値をほぼ正確に見抜いて買い取ってくれる可能性が高いので、「適正価格」で良しとする場合には安定した選択肢となります。

多くの買い取り業者は、無料査定を謳っていて、店舗への持ち込み査定でも出張査定でも査定価格が変動しないことをウリにしています。
ただし、実際には細かな計算の内容が公開されるわけではないので、査定方法によって価格が違っているのかどうかを確定させることはできません。
そのため、買い取り業者にとってよりコストが少なく済む「持ち込み」を利用した方が、リスクを減らすことが期待できます。

専門業者のうち、フランチャイズ展開を行っているようなところであれば、まず間違いなく安定した価格での買い取りが期待できます。
査定金額が安定していることはフランチャイズ店舗の強みといえますが、逆にいえば「相場並みでしか売れない」と言うことになります。

というのも、記念切手の小型シートなどは、時に破格の評価を得ることがあります。
何ともない評価を得ているものが大半ではあるものの、ある特定のものだけは「プレミア」として評価されることもあるため、それこそ価格は青天井になることもあります。

当然、切手の状態などによっても価格は変わってしまうため、同じものを所有しているからといって必ず高額な評価を得られると言う保証はありません。
ただ、この手の商品を買い取り業者に持ち込んだ場合は、比較的安めの価格で買い叩かれてしまうことが多いです。

というのも、買い取り業者の場合は「マージンを上乗せして販売する」という前提に立って買い取りを行っているため、買い取り価格に人件費などのコストと利益を上乗せした価格が「相場」付近になるように設定しています。
余計な部分が出てしまう以上、個人間取引で同様の評価を行った場合に比べると明らかに買い取り価格が安くなってしまうので注意しましょう。

安定性を求めることができる買取業者はもちろん、時に価格が跳ね上がる可能性を秘めている個人売買の両方を利用して売却を検討する方法が効果的です。
日本国内にかかわらず買い手を募集できる個人売買に関しては、買い取り業者を利用するよりも数倍高く売れる可能性もあります。

切手買取は枚数次第で100万円を超えるって本当?

切手買取をするときにいくらで売れるのかは査定を受けてみるとわかります。
店頭査定、出張査定、宅配査定という三つの方法から選ぶことができ、どの方法を選んでも依頼した業者が同じなら査定価格が変わることはまずありません。
トータルでどの程度の金額になるかは買取を依頼する切手の種類や枚数によって大きく異なります。
たくさん切手があるという場合にはともすると100万円を超えることもあるので試しに査定を受けてみるのが肝心です。

切手の査定価格は額面のみによって決まるわけではありません。
確かに額面が高いものほど高く買い取ってくれるの葉確かであり、今でも郵便局で購入できる切手の場合には額面から一定のレートで買取価格が決定されるのが一般的です。
この場合にはバラのものに比べると小型シートなどに付いたままのものの方が高く買い取ってもらうことができます。
また、業者によっては査定依頼をするときに専用台紙に仕分けをすることを求めている場合もありますが、その仕分けをするだけで割増で買い取ってもらうことが可能です。
仕分けとは種類別に分類することであり、普通切手のバラのもの、小型シート、記念切手のバラのもの、記念シートのものといった形で別々の台紙に貼って送ると買取価格が上がります。
業者によってはこれだけで10%から15%程度も価格が上がるので高額買取をしてもらいたいというときには必ず行っておく必要がある準備です。
業者によってはさらに細かな指定があって発行日の順番に並べるように指示がある場合もあります。
これは年代によって価値の高さに違いがあるからです。
査定を行うのに手間がかからないように準備してもらうのが仕分けをしてもらう目的なので、このような指示を満たしていることでさらに査定価格が上がることもあります。

しかし、これだけで100万円に到達するのは基本的には難しいでしょう。
普通切手の買取では相場が70%から90%程度になっているので、額面で120万円分くらいの切手がなければ100万円には到達しません。
大量に同時に買取を依頼するとボーナスが付いて高くなることもありますが、100万円分程度は切手がないと実際に手にできる金額が100万円に到達することはまずないのです。
しかし、プレミア的な価値がある切手が少しあるだけでこのような金額になる可能性が飛躍的に高まります。
1930年代から1950年代には切手ブームが起こり、美しくて発行枚数も少ない切手が多数登場しました。
それを良い状態で保存してあったというときには一枚あたりの価格が10万円を超えることもあります。
また、中国切手にも高い人気があり、やはり10万円以上の価格での買取が行われた事例もあるのです。
この他にもいわゆるミスプリントなどの希少価値があるの切手の場合には高額買取をしているため、大量の切手がある場合にはそのうちの何枚かがミスプリントに該当していて高く売れる可能性もあります。
このような市場価値の高い切手が何枚もあると100万円を超えるのも夢ではないのです。

ただし、気をつけなければならないのがリサイクルショップや金券ショップなどに依頼をしてもプレミアム的な価値を汲み取ってくれない可能性があるということです。
どの種類の切手なら高額でも買ってくれる人がいるかをよく知っている切手の専門店でないと正しく査定を行うことことはできません。
高い市場価値のある切手があるのに額面から計算された安値で買い取られてしまわないようにするには専門店に査定を依頼することが大切です。
複数の専門業者から相見積もりを取って査定価格の比較も行うと本当に高く売れる切手なのかどうかも判断しやすくなります。

切手買取は持ち込み・宅配・出張のどれがいい?

切手買取を専門店に依頼すると無料査定を受けられるようになっています。
その方法として店舗への持ち込み、宅配査定、出張査定の三種類がありますが、それぞれにメリットもデメリットもあるのでケースバイケースで選ぶことが肝心です。

持ち込みで査定を受けるメリットはすぐにその場で価値を査定してもらうことができる点です。
混雑していると待たされてしまいがちになりますが、空いている店舗であればすぐに査定をしてくれて納得できれば売れることになります。
すぐに切手を売って現金に換えたいというときには最適な方法です。
しかし、相見積もりをして比較して高く売れる店舗で売りたいと考えると手間がかかります。
多くの店舗を訪れなければならないからです。

宅配査定を受けるメリットは店舗が近くになくても査定を受けられることです。
切手を宅配便や郵送で業者に送ることによって査定を受けることができるのが宅配査定の特徴であり、査定結果はメールか電話で教えてもらうことになります。
忙しい人でも郵便や宅配便を送ることさえできれば査定を受けられるので、店頭のように営業している時間帯に時間を作る必要はありません。
もし査定金額に満足できない場合には返送してもらうことが可能です。
キャンセル時の返送料は自己負担になりやすいですが、小型シート程度であればかなりの枚数があってもメール便で返送してもらえばそれほど大きな負担にはなりません。
店頭で査定をしてもらうのとは異なり、査定員が時間のあるときにじっくりと状態を確認してくれることから正しく価値を評価してくれる可能性が高い方法です。
相見積もりをするにも郵送して返送してもらうということを繰り返せば可能ですが、やや時間がかかることは否めません。
しかし、全国のどこからであっても申し込めるので高い査定金額を出してくれる業者を選び出すときに候補は多くなります。
価値の高いと期待される切手を持っているときにできる限り高い価格で売るには最適な選択肢です。

出張査定は自宅にまで査定員に来てもらって査定金額をその場で出してもらう方法です。
このメリットはすぐにその場でいくらで売れるかがわかることに加えて、相見積もりを行いやすいことでしょう。
家にいて出張に来てもらう日時さえ決めてしまえば査定を受けることができます。
専門店の対応エリアに入っていることが必要条件となりますが、多くの地域では候補にできる専門店が複数あるので相見積もりを行うことは可能です。
同じ日に来てもらってまとめて査定を出してもらうという出張査定の受け方もあるので、比較的短時間で相見積もりを終えることもできます。
忙しい人にとってはうまく日程調整をすれば休日を一日費やすだけで査定を終えて買い取ってもらえる方法になるのが魅力です。
宅配便や郵便を使用しないので、その間に雨風や輸送状況、保管状況の影響によって状態が悪化してしまうこともありません。
ただし、気をつけなければならないのが査定員に直接来てもらうことになるので、その場でセールスが行われる可能性が高いことです。
買い取りたいような素晴らしい切手の場合には必死に売って欲しいとせがまれてしまうこともあります。
また、切手やそれ以外のもので売れそうなものはないかと執拗に聞かれて対応に窮してしまう可能性も否定はできません。
多少の苦労はあることを覚悟の上で選ぶ必要があるのが出張査定です。

このように三種類の切手買取の方法は一長一短です。
できるだけ早く現金にしたいなら店舗へ持ち込みをして買い取ってもらい、最高の価格で売りたい場合には宅配買取を利用し、短時間で相見積もりをしたいと考えたら出張査定を選ぶのが無難と言えます。

切手の買取業者は一枚からでも買取ってくれるの?

家の中を整理していたら昔の切手の記念シートや小型シートが出て来る事があると思います。
こういった切手を金券ショップや買取業者は買い取ってくれるのでしょうか? 買い取ってくれるとしたら査定価格はいくらでしょうか?
結論から言いますと「切手の種類と状態」により買い取ってくれるかどうかと査定価格が決まります。

まず金券ショップと買取業者は分けて考えます。
なぜなら買い取る目的が違うからです。金券ショップは買い取った切手を郵便に使う事を前提に利益を乗せて再販売します。
ですので金券ショップでは以下の3点が問題になります。

1・普通切手か記念切手か?
郵便で封筒やはがきを出す場合、記念切手を貼って出す事には抵抗感がある方がいらっしゃいます。
ですので通常切手が歓迎され記念切手は敬遠されます。

2・額面はいくらか?
現在の郵便料金は普通の封筒で82円、葉書で62円です。昔の記念切手には5円や10円の物が多いのですがそれらは現在の料金分を貼るのは大変すぎるので敬遠されます。
50円以下の切手は例え通常切手であっても買い取ってくれないケースがほとんどです。
逆に200円を超える通常切手は歓迎されます。
速達、書留などに使う場合に高額面の切手は使い勝手が良いのです。

3・表がきれいな状態で裏糊は有るか?
古い切手にはシミや汚れが表面に出ている事も多いですが、そういった切手を使うのは相手に失礼と思われる可能性があります。
また裏糊が無い状態だと貼るのが面倒ですのでこれも敬遠されます。

上記3条件を満たす切手以外は買い取ってくれない所がほとんどです。
また買取総額が低いと条件を満たしていても買い取ってくれない事があります。
バラの切手が数枚程度では、まず無理と考えて間違いありません。
買い取ってくれる場合でも額面以下で再販売する事が目的ですから当然、買取金額は額面以下になります。
状態にもよりますが額面の80%位になれば十分と思って下さい。
記念切手でも買い取ってくれる店もありますが額面の半額位なら良い方です。

一方、買取業者の方は郵便利用の目的で買い取る場合は金券ショップの場合と同じ条件です。
買取業者が金券ショップと違うのは切手コレクター向けの切手の買い取りも行っているという点です。
多くの方は「古い切手なら価値があるのではないか?」と考えますが価格という物は需要と供給の数で決まります。
欲しがる人が多ければ高くなり誰も欲しがらなければ1円でも売れません。
では切手コレクターは多いのか? というと実は日本では切手コレクターの数は年々減り続けており現在では非常に少ないのです。
また現在の切手コレクターで戦後の記念切手の未使用品を集めている人は非常に少なく普通の記念切手はコレクター向け買取の対象にはなりません。
それでも全くいない訳ではありませんので以下の切手だけはプレミアムが付きます。

・趣味週間 見返り美人、月に雁
・文通週間 蒲原、桑名、箱根

また小型シートでは以下の物がプレミアムが付きます。
・郵便創始75年、三島切手展、犬山こども博、伸びゆく電気通信展,1954年趣味週間観音、昭和61年暑中

しかしプレミアムといっても、それほど大きな金額は期待できません。
一番高い「月に雁」で1000円くらいです。
それも表もきれいで裏糊もちゃんとしている事が条件です。
小型シートで一番高いのは犬山こども博で5000円くらいです。
有名な写楽やビードロも現在ではほとんどプレミアムは付きません。
これは切手専門店でも町中の買い取り屋さんの店舗でも同じです。
また記念切手ではシートが歓迎されバラ切手は歓迎されず査定額は更に低くなります。

古い切手は郵便局で換金はしてくれませんが一定の手数料を払うと今の普通切手やはがきに交換してくれますので、それを自分で郵便に使うのが現在では最も効率的な使い方と言えるのです。

切手の宅配買取を詳しく解説

切手は必ずしも額面通りの価値を持っているものではありません。
郵送のために使ってしまった場合には額面通りにしかなりませんが、趣味で集めている人も多い切手はそれ以上の価値を見出してもらえることがあります。
いらなくなった切手は郵便局ではがきなどの他の品物と交換してもらうこともできますが、買取をしてもらうと高く売れる場合も多いのが実情です。
見返り美人のように有名で数万円単位で売買が行われている切ってもあるため、少し古くてあまり流通していないような切手があったら買取業者に依頼してみるのが賢明です。
大した価値はないだろうと思われてしまいがちな小型シートであっても、記念シートとしての意味合いがあって発行枚数が限られているので額面よりも高く買い取ってくれることがよくあります。
バラであっても買取に対応してくれるため、要らない切手があるというときには郵便局に持っていくよりもまずは買取を依頼するのが賢い方法なのです。

大半の買取業者では無料査定のサービスを実施しています。
店頭査定、出張査定、宅配査定の三種類の方法で査定を受けることができ、査定額に納得できたら買取を依頼するという形で手続きを進めることが可能です。
この中でも切手の買取の際に注目されているのが宅配買取であり、気軽に利用できて高額査定も手に入れやすいのが魅力となっています。

宅配買取は宅配便や郵便を利用して買取を依頼する方法です。
基本的な流れとしてまずは査定を依頼する業者を選んで申し込みを行います。
電話やFAX、メールやウェブフォームなどでの申し込みができるようになっていて、査定して欲しい切手についての基本的な情報や、住所と電話番号のような連絡先を伝えることによって申し込みが可能です。
この手続きを終えたら業者が指定している方法で切手を送ります。
業者によって方法がやや異なりますが、郵便や宅配便を自分で手続きして送る場合と、日時指定で自宅にまで切手を宅配業者などに引き取りに来てもらって送る場合とがあり、両方を自由に選択できる業者もあります。
切手の梱包は自分で行わなければならないのが基本ですが、量が多い場合には相談すると梱包キットを手配してくれる場合もあるので問い合わせてみるのが大切です。
送料についても業者側が負担してくれるようになっているため、着払いでの手続きをすれば問題ありません。
このようにして業者に切手を送ったら、数日後には業者から査定額についての連絡が届きます。
メールか電話による連絡が届くのが一般的であり、その金額を見て買取を依頼すると決めたら契約書を郵送またはメールでやり取りして買取が成立するというのが流れです。
お金を店頭まで取りに行く必要はなく、銀行振込や郵便振替で納金してもらうことができます。
もし査定額に満足できなかった場合には切手は返送してもらうことが可能です。
返送料については自己負担になる場合もありますが、この費用も業者側が負担するという形を取っている場合もあります。
高額査定を目指したいというときにはキャンセルしてしまってまた別の業者にタクア火査定を依頼して切手を送るという形で順次査定額を出してもらうのが賢明です。
どのような価格を出してくれるかは業者によって異なるので、比較をすることは必須になります。
宅配買取の場合には全国のどこに店舗を構えている業者も利用できることから比較できる選択肢が多く、もっと高く買い取ってくれる業者があるはずだと考えて探すことも難しくありません。
手間もあまりかからず、無料査定なので費用もかけずに比較を行えるため、高額査定を目指すのに適している買取依頼の方法として活用されています。

« 過去の記事
最新の記事 »