切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

切手を高額買取してもらえるコツは?

切手と言えばコレクターも多い人気アイテムであり、買取に出すと意外な高値が付いたりしてお宝を発見できることもあります。
自宅に切手がある場合は買取に出してみることをお勧めしますが、その時には注意しておきたい点があります。
それは、売却価格にこだわらず適当に買取を済ませてしまうことです。
当然ながら、希少価値の高い切手や条件の良い切手は額面よりも高く買い取ってもらうことができます。
それを知らず、たまたま持ち込んだ買取店の査定を鵜呑みにして売却してしまうと、あとで後悔することにもなりかねません。
少しでも切手を高額で買い取ってもらうために、まずは複数の買取業者の無料査定を受けるようにしましょう。
複数の業者から見積もりを取れば、自分の切手がどれくらいの市場価値を持っているかがわかります。
悪質な業者に安く買い叩かれることもないですし、査定してくれた業者の中から最も高額を付けてくれた業者と取引すれば、それだけ得をします。
自分で切手を業者の元へ郵送したり持ち込んで査定してもらうのが一般的ですが、近隣の買取業者であれば出張査定してくれるケースもあります。
出張査定でも価格に納得できなければ売却せずに帰ってもらうこともできるので、気軽に利用してみましょう。

高額買取してもらうためには、だいたいの価値を知っておくことも大切です。
そのために役立つのが、切手コレクターなら存在を知らない人はいないと言われる切手カタログです。
これは毎年発行されているカタログで、過去に取引された切手が全て一覧で記載されており、それぞれどれくらいの評価額があるのかを知ることができます。
ここに記載されているのはあくまでも評価額であり、実際にその金額で買い取ってもらえるわけではありませんが、査定する際にこのカタログを参考にする買取業者が多いのも事実です。
査定を依頼した場合、評価額と似通った金額になることが多いので、事前にだいたいの買取価格を予想することができます。
基本的に発行数の少ない切手や古い切手ほどプレミアがついて高額で買い取ってもらえるので、査定依頼を出す前に大まかな評価額を知っておくと良いでしょう。

また、バラよりも小型シートなど一定量の切手がまとまって存在している場合の方が価値が高まります。
うっかり1枚だけ使ってしまうようなことは避け、できるだけシートごとに保管しておくようにしましょう。
バラになっている場合は、他の用紙などに軽く貼って無くさないようにしておきましょう。
もちろん、糊やテープでべったりと貼ってしまうと破れたりして価値がなくなってしまうので、簡単に取り外しできるような方法で保管するようにしてください。
切手を買い取った業者は、最終的にはその切手を他の顧客に売却して流通させることで利益を出そうとします。
そのためにも1枚ずつ買い取るより、小型シートごとに買い取った方が少ないコストでより多くの人に売却することができます。
しかも切手コレクターはシートで購入したがる人が多いため、買取の段階でシートである方が好ましいのです。
ちなみに、シートでも四隅にあるギザギザが綺麗な状態で残っているものの方が人気があり、より高く売ることができます。
発行年数が古い切手や記念切手などはシートになっていないものも多いのですが、古い切手は特にプレミアがついていることが多いものです。
バラだからと言って価値が低いと決めつけるのではなく、切手カタログなどで確認したうえで査定してもらうようにしましょう。

このように、切手を買い取りに出す場合は高額で売るためのポイントがあります。
ポイントを抑えたからと言って必ず高額になるわけではありませんが、普通に売るよりは高額になる可能性が高いので、覚えておきましょう。

»