切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

切手の高額買取の事例をご紹介!

引っ越しなどで家の整理をしているときに、古い切手帳が見つかることがあります。
切手に興味がない人は、切手の買取店に売ってしまう人も少なくありません。
比較的新しい切手は、額面通りの値しか付きませんが、古い切手の中にはプレミアム切手と呼ばれるものがあり、高額で取引される例も多いです。

日本のプレミアム切手で有名なのが、「見返り美人」です。見返り美人は、江戸初期の浮世絵師として名高い菱川師宣が描いた作品で、発行枚数が150万枚と少なかったため、プレミアムが付いています。見返り美人は、2種類あり、発行日が古い方が高値で取引されています。
昭和24年に発行された「月と雁」も非常に人気が高いです。

日本で初めて発行された小型シート切手は、逓信記念日制定記念切手ですが、この切手も価値が高いです。

明治8年に発行された桜切手は、現存するのは6枚だけで、唯一無傷なものは3000万円という高値が付いています。

エラー切手も、高額になるものが多いです。
逆さまに印刷された明治4年発行の竜文切手500文は、1枚だけ現存しており、1億円以上の値をつけて交渉しても、売ってもらえなかったという逸話が残っています。

最近、大きな注目を集めているのが、中国切手です。
中国の有名な京劇俳優である梅蘭芳が切手になった小型シートは、1点で100万円を超えます。

中国の古い切手が高値で売れるのは、急激に増加している富裕層が古い切手を買い集めているからです。

査定価格が高額になるのは、文化大革命時の切手です。
文化大革命の時代は、切手収集が禁止されており、国内にあった切手の多くが処分されました。
しかし、日本には中国切手を集めている収集家が多かったため、中国のブローカーが日本まで買取りに来ているわけです。

梅蘭芳の切手以外では、赤猿や毛主席の切手が高額で取引されています。
赤猿は、非常に有名な年賀切手です。

この切手が発行された当時は、文化大革命の騒乱が続いている状態で、切手の収集もできず、現在残っている切手の多くが、旅行者が自国に持ち帰ったものでした。

赤猿は、プレミアム切手の中でもトップクラスの人気を誇り、どの買取店でも歓迎されます。

毛主席シリーズは、5種連刷ならかなりの高値が付きます。

白地にパンダが描かれた「大パンダ」は、希少価値はないものの、人気のパンダ図柄であり、6種が揃った完品であれば、高額な値段が付きます。

牡丹シリーズは、小型シートの発行数が少ないため、価値が高くなっています。
バラの切手であれば、15種類揃っている状態で3万円くらいで取引されています。
小型シートであれば、18万円前後の価値があります。
ただ、買取価格は、その7割程度になります。

切手は、基本的にシートの方が高く売れます。記念シートやシリーズものは、人気が高いです。
中国切手の場合は、バラの切手でも高値で取引されるものがあります。

昔の切手が大量に見つかった場合、切手を買取ってくれる店に持ち込んで査定してもらう人は多いです。

しかし、仕事を持っている人や、家事や育児で家を空けることが難しい人の場合。

最近は、宅配買取や出張買取のサービスを行っている業者も増えています。
宅配買取は、査定をしてもらいたい切手を身分証明書のコピーと一緒に買取店宛に送る方法です。
宅配業者が家まで集荷に来てくれるので、外に出る手間が省け、仕事を持っている人でも気軽に切手を送って査定してもらうことができます。
査定額に納得できれば、取引が成立します。買取代金は、指定した銀行口座に振り込んでくれます。

出張買取の場合は、査定額に納得できたら、買取代金をその場で現金で支払ってくれます。出張買取は、高齢者にも好評です。

«
»