切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

切手は買取専門店に売ったほうが高く売れる?

まったく興味を持たない人にとっては「ゴミと同等」のように扱われてしまうこともありますが、人によっては垂涎するほどの価値があるマニアックな趣味の一つが「切手収集」です。
いわゆる「コレクター」と呼ばれる人たちは、各々が欲するもに関しては、たとえあり得ないほど割高な金額だったとしても購入してしまうほどの意欲があります。
もっとも、簡単に手に入るものであれば誰も高額な価値を付けて購入しようなどとは思いません。

どういうことかというと、「コレクター」「マニア」と呼ばれる人たちが高額な価格だとしても垂涎してしまうものには、「プレミアム価値」が存在してるということです。
たとえば、世界中で1つしかないフィギュアがあったとして、このフィギュアを購入したいと思っている人にとっては何が何でも手に入れたい対象になります。
それこそ、家を売ってでも手に入れたいと思う人がいるため、価格は青天井につり上がっていく可能性があります。

いつの時代でも一定数のコレクターが居ることで知られる「切手」は、欲しいと思える人にとっては価値があるものかもしれませんが、特に欲しいという欲求を持たない人にとっては「単なる切手」に過ぎません。
80円の切ってならば80円分の価値しか見出すことができないわけですが、世の中にはコレクターが居ることを知っている人ならば、仮に100円を出してでも購入する人がいます。

この仕組みを上手に活用しているものが「リサイクルショップ」「金券ショップ」などであり、他にも「質屋」なども該当します。
この手の専門業者であれば、切手の価値をほぼ正確に見抜いて買い取ってくれる可能性が高いので、「適正価格」で良しとする場合には安定した選択肢となります。

多くの買い取り業者は、無料査定を謳っていて、店舗への持ち込み査定でも出張査定でも査定価格が変動しないことをウリにしています。
ただし、実際には細かな計算の内容が公開されるわけではないので、査定方法によって価格が違っているのかどうかを確定させることはできません。
そのため、買い取り業者にとってよりコストが少なく済む「持ち込み」を利用した方が、リスクを減らすことが期待できます。

専門業者のうち、フランチャイズ展開を行っているようなところであれば、まず間違いなく安定した価格での買い取りが期待できます。
査定金額が安定していることはフランチャイズ店舗の強みといえますが、逆にいえば「相場並みでしか売れない」と言うことになります。

というのも、記念切手の小型シートなどは、時に破格の評価を得ることがあります。
何ともない評価を得ているものが大半ではあるものの、ある特定のものだけは「プレミア」として評価されることもあるため、それこそ価格は青天井になることもあります。

当然、切手の状態などによっても価格は変わってしまうため、同じものを所有しているからといって必ず高額な評価を得られると言う保証はありません。
ただ、この手の商品を買い取り業者に持ち込んだ場合は、比較的安めの価格で買い叩かれてしまうことが多いです。

というのも、買い取り業者の場合は「マージンを上乗せして販売する」という前提に立って買い取りを行っているため、買い取り価格に人件費などのコストと利益を上乗せした価格が「相場」付近になるように設定しています。
余計な部分が出てしまう以上、個人間取引で同様の評価を行った場合に比べると明らかに買い取り価格が安くなってしまうので注意しましょう。

安定性を求めることができる買取業者はもちろん、時に価格が跳ね上がる可能性を秘めている個人売買の両方を利用して売却を検討する方法が効果的です。
日本国内にかかわらず買い手を募集できる個人売買に関しては、買い取り業者を利用するよりも数倍高く売れる可能性もあります。

«
»