切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

切手買取で見積書とか出してもらえるの?

切手を高額買取して欲しいと考えると多くの業者から査定価格を出してもらって比較したいと考えるのが妥当です。
そのときに見積書を出してもらえるのかどうかが気にかかる場合があります。
他の業者でも査定を受けて比較した結果としてやはり当初に高い査定価格を出してくれた業者に依頼すると決めたとしても、見積書がない場合には当初と同じ価格で買い取ってもらえる保証がありません。
相見積もりをして高く売るというアプローチが可能なのかどうかは業者によって異なるので確認する必要があります。

査定価格を一定期間保証してくれる見積書を出すかどうかは業者次第です。
切手の状態は変化していくため、希少さや芸術性が重要になるような高額買取ができる切手の場合にはわずかな間に買い取れる価格が変わってしまう可能性があります。
他の業者での査定手続きを行っている間に当初よりも状態が悪くなってしまうと、当初の査定結果の通りには買い取れないということになってしまうのです。
そのため、あまり見積書を出したいとは言わない業者も多く、交渉次第で出してもらえるかどうかが決まります。
ただし、いくつかの業者については最初から見積もりを依頼するように勧めているので、確実に見積書を出してもらうことが可能です。
その有効期間についても統一的な期間が定められているわけではないため、業者との交渉を行う必要があります。

ただし、額面に基づく取引になる場合には比較的見積書の作成に応じてもらえることが多くなります。
業者によって価格の計算方法が決まっているからであり、郵便局でいつでも売っている普通切手のバラのものや小型シートのものなどは額面に対して一定の比率で価格が決まるのが一般的です。
この場合には状態の違いが価格に影響することがほとんどないため、業者側が普段は見積書を出さないという場合であっても作成してもらえる可能性があります。
記念日に関わる小型シートの切手などのやや価値が高いものであっても、比較的発行日が新しい切手の場合には相場が決まっているので見積書の作成に応じてくれます。
このような対応は切手の専門店に限らず、リサイクルショップや金券ショップでも同様です。
ただし、店舗のルールとしてどのようなケースであっても見積書を作成しない場合もあるので、その場合には諦めざるを得ません。

また、査定の依頼方法によって見積書を出してくれるかどうかが決まる場合もあります。
店頭での査定の場合には見積書を作成できるけれど、出張査定や宅配査定の場合にはできないという対応をする業者もあるので注意が必要です。
店舗での手続きが必要になるケースでは出張査定ではできず、切手の返送が必要になってコストがかかりやすいと想定される宅配査定では遠慮して欲しいという対応を取ることがあります。
ただし、オンライン取引が定着してきているお陰でメールベースでの見積書を後日に送ってもらえる場合もあるので、個々に業者に問い合わせてみるに越したことはありません。
また、店頭査定だからといって必ずしも見積書を作成してくれるわけではなく、金額をその場で伝えるだけしかしてくれない場合もあるので気をつける必要があります。

予め見積書の発行をしてくれるかどうかを確認した上で査定を依頼すれば相見積もりによって高額買取を目指すアプローチを取ることができます。
かなりの数の業者が見積書に応じてくれるのでまずは査定依頼をする前に問い合わせをしてみるのが肝心です。
何度も同じ業者に査定を依頼する手間をかけずにスムーズに比較を進めるためにも、見積書の作成に関して誠実な対応を取ってくれる業者を最初に選定しておくようにしましょう。

«
»