切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

不要な切手を手軽に買取ってもらうには?

昔買った切手や不要になった切手、趣味で集めていた切手などを換金する方法はたくさんありますが、切手を発行している郵便局では換金することはできません。
主な換金方法としては、金券ショップに持って行くか切手買取業者に買取を依頼する方法があり、よほど大量の切手でない限り即日買取を行ってもらえます。
また、インターネットなどの買取専門のウェブサイトからも、買取の依頼をすることができ、忙しいひとやたくさんの切手を買い取ってもらう人にはオススメの買取方法です。

・店頭に持って行く場合の切手の換金方法
店頭に持って行く場合は、金券ショップでも切手買取店でも同じで、基本的には買取に持っていった切手を査定員が、店舗の買取マニュアルに沿って換金額を算出します。
その換金額に納得すれば確認書類などにサインをして、基本的にはその場で現金を受け取り終了です。
買取の金額や買取が初回の場合は、身分証明書の提出を求められたり、拇印(ぼいん)を求められたりすることもあるので、買取依頼に行く際は、身分を証明できる免許証やパスポートなどをあらかじめ用意しておくと良いです。
身分証明書がないと、買取を断られてしまうことがあるので注意が必要です。
また、未成年の場合は保護者の承諾書が必要で、一度家に帰ったりしないといけない為、二度手間にならないように親と一緒に行くことをお勧めします。

・買取専用のウェブサイトを利用した場合の切手換金方法
ウェブサイトを利用する場合は、インターネットが接続できる環境であれば、スマートフォンやタブレット端末、パソコンを使って、どこからでも申し込みすることができます。
切手買取業者のウェブから、専用の買取フォームに氏名や住所、メールアドレス、買取を依頼したい切手の種類などを入力して、買取の受付を済ませます。受付を終わらせたらそのまま切手を送っていい場合や、買取業者から専用の段ボールなどが送られてきて、それに切手を入れて返送する場合などがあるので、ウェブサイトをよく読んでください。
基本的に送料は無料の場合が多く、送る際は、運送会社と提携しているコンビニに持ち込むか、運送会社に電話やインターネットなどで集荷を依頼し着払いで送ります。

荷物が到着すると査定され、電話かメールで換金額が伝えられます。
査定額に納得がいけば、指定の銀行口座にお金が振り込まれて買取は終了です。
金額に納得いかない場合は返却してもらえますが、返却の際の送料は買取依頼者負担になることが多いので注意が必要です。

・オススメの買取方法
金券ショップでの切手の換金は、マニュアル通りの買取しかしてもらえないところが多く、あまりメリットがありませんし、ネットでの買取も納得がいかなかった場合、返送料金がかかったり、買取フォームの入力や、自分で荷物を送るといった手間が多いので面倒です。
切手買取業者であれば、専門的な切手の知識があり、単純に額面だけではなく希少価値が高いものやエラー切手などにはそれなりのプレミアム価値で評価してくれるし、1枚ずつ丁寧に査定してくれるので、エラー切手などの見落としもなく安心して依頼することができ大変オススメです。

・買い取ってもらえる切手の種類
買い取ってもらえるのは普通切手(明治・大正・昭和)や記念切手・特殊切手、航空切手、小型シートなどです。
買取を依頼する会社には必ず買い取ってくれる切手の種類や名称が載っているので、それを参考にすると良いですし、もしかしたら持っている切手が額面以上の価値のある可能性もあります。

古い切手や、普段見ることのないような切手は、大変価値の高い切手の場合があります。
もしかしたらと思ったら、このような買取業者に査定を依頼してみると良いです。

«
»