切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

年賀切手の買取相場はいくらぐらい?

毎年、11月初旬になると日本郵便から年賀切手が発行されます。
近年では専門コレクターもいるほど人気のある切手ですが買取相場はどれくらいなのでしょうか?

年賀切手には当りくじでもらえるお年玉小型シートがあります。
昭和11年発行の富士山年賀切手が最初の年賀切手で、これには20枚の小型シートが有り、これが最初の年賀小型シートでカタログ評価で19万円と最高の評価額になります。
ただ、気を付けて頂きたいのは未使用切手全般に言える事ですが「表がきれいで裏糊もちゃんとしている」美品でないと買取対象とはなりません。
シミやヤケがあったり裏糊が枯れていると二級品扱いで評価は1/10程度にまで落ちますし買取拒否する業者も多いです。
その後、暫くは小型シートは無く昭和25年から毎年、お年玉小型シートが発行されるようになりました。
以下に未使用美品の年賀小型シートの買い取り査定価格の相場を明示してみます。

昭和11年 富士山20枚小型シート:80,000円前後
昭和25年 応挙の虎小型シート:2,000円前後
昭和26年 少女とうさぎ小型シート:300円前後
昭和27年 翁の面小型シート:800円前後
昭和28年 三番そう小型シート:700円前後
昭和29年 三春駒小型シート:200円前後
昭和30年 こぼし小型シート:150円前後
昭和31年 こけし小型シート:100円前後
昭和32年 だんじり小型シート:100円前後
昭和33年 犬はりこ小型シート:80円前後
昭和34年 えびす小型シート:50円前後

なお昭和25年の応挙の虎小型シートには虎の絵を画いた、たとうというシートを入れる袋も同時に売られており
これが一緒に残っていると更に評価が1000円位高くなります。
以上が額面以上での買い取りが期待できる物で昭和35年から昭和56年までの物は額面が低く買取対象にはなりません。
昭和57年以降の物も数があれば(100枚位)別ですが、そうでないと買い取ってはくれないでしょう。
未使用のバラ切手となると更に厳しく美品でも買い取ってくれる可能性があるのは昭和29年の三春駒くらいまでです。
それも1枚100円以下で数も揃っていないと無理です。このように未使用品ではプレミアは付きません。
専門コレクターが欲しがる品は使用済みの方なのです。

使用済切手の評価は消印の種類とかかり方により大きく変わります。
主に昭和41年発行の「しのび駒」位までが対象で、それ以後の物は物次第ですが、あまりプレミアは付きません。
また消印は局名と年月日が読め最低でも印影の80%は切手にかかっている必要があります。
最もプレミアが付くのは「図入り年賀印」という富士山やツルやコマ等の絵が入った消印で櫛型印と機械印の2種類が有り手で消した櫛型印の方が珍しく価値が有ります。
これは戦前品にもありますがプレミアは付きません。
付くのは「戦後の図入り年賀印」です。

戦後は昭和28年の三番そうの年が再開年で以降、段々と増えていきます。
ですので昭和28年が一番高く満月印と呼ばれる、ほぼ100%の印影なら12,000円の評価が付きます。
以後、新しくなるほど評価は下がります。
この他にも郵便列車で使用した鉄郵印や臨時のC欄三ツ星やローラー印、外国宛郵便用の欧文印等がプレミアが付く可能性が有る消印です。
他の切手に見られる「発行日消印」にプレミアは付きません。

しかし使用済み評価額は一定した物では無く「個々のオークションの結果」なので通常の買い取り店では買取はしてくれません。
使用済切手は個々に消印が違うので、あくまで「個々の評価」になるのです。
同じ消印であってもかかり方により10,000円で買い手が付いたり誰も買わなかったりするのです。
ですので使用済切手の換金は切手専門オークション会社か知識のある人に任せるしかないので簡単では無く時間も手間もかかります。
現実には年賀使用済切手の99.99%は換金は出来ないのでご注意下さい。

«
»