切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

イギリスの切手は日本でも買取ってもらえるの?

切手収集家ならずとも、手元にあるコレクションが、どれほどの価値がるのか、気になるところです。

日本の切手は、その時代を映し出したデザインを楽しめるのと同時に、古い物は希少性が高いだけではなく、現在でも、はがきや封書などの郵便物に貼り付ければ、そのまま利用できることから、資産としての価値も持ち合わせており、ネットオークション、フリーマーケット、切手買取専門店だけではなく、金券ショップやリサイクルショップでも取り扱いをしています。

一方、イギリスをはじめとする海外で発行された切手は、日本国内では、実際の郵送のための切手として使用することはできないものの、日本とはまた違う文化の中で生まれた独特のデザインは、収集家にとって、コレクションとしての価値を持っており、切手買取専門店などで、買取ってもらうことも可能です。

一般的には、日本の切手同様、未使用のシートの状態のものが高評価となりますが、バラであっても、希少価値があり、人気の高いものであれば、シートを大幅に超えるような評価がされることもあります。

一方、使用済みのものであっても、現在入手困難なものや、押印されているスタンプが貴重なものであるなど、歴史的な価値が認められ、高い評価がされることがあります。
相場は、常に変動があるものの、基本的には、大量に出回っているものは比較的低価格で、希少性の高いものは高止まりで安定している傾向にありますが、社会の情勢や機運の影響を大きく受け、乱高下することも、しばしばあります。

例えば、切手収集ブームが来れば、全体的に相場が底上げとなったり、オリンピックが近付いてくると、過去に発行されたオリンピック関連の記念切手が、高騰するようなこともあります。

このような相場は、何年にもわたってマーケットを観察することで見えてくるものであり、ベテランの方になれば、売り時や買い時を的確に見極めることも可能ですが、ビギナーの方であればなおさらのこと、相場の変動に強い関心を持って時間を費やすことは、なかなかできることではありません。

昨今では、実店舗の切手買買取専門店、金券ショップ、リサイクルショップだけではなく、インターネットオークション、フリーマーケットアプリなど、そのマーケットは多岐にわたり、すべてをウォッチするのは、困難を極めます。

そんな時は、さまざまなショップに問い合わせをするのがいちばんの近道です。
多くの切手買取専門店では、無料査定を実施しており、まずは気軽に問い合わせることができます。
中には、専用のフォームから画像を送信したり、メッセージアプリに画像を添付するなど、オンラインで査定を受け付けているショップもあります。

また、出張買取を実施しているショップでは、電話一本で自宅まで査定員が訪問し、査定が行われ、査定価格に納得できれば売買契約が成立し、その場で現金が支払われるなど、わざわざ実店舗まで足を運ばなくても、自宅に居ながらにしてすべての手続きを完結できる便利なサービスも登場しています。

そのような、切手買取専門店では、独自のネットワークを持ち、収集家の視点から見た評価や、実店舗、インターネットを含めた相場を常に把握しており、一般的なリサイクルショップや金券ショップと比較して、高額査定となることが期待できます。

多くのショップでは、査定料、出張料、キャンセル料などすべて無料で、1枚の切手からでも気軽に問い合わせることを歓迎していたり、査定価格に納得できなければ、遠慮なくキャンセルしても構わないことを明示している業者も数多く存在しています。

手元にある切手の価値が知りたければ、まずはそのようなショップに申し込んで査定を受けてみるのも、ひとつの方法です。

«
»