切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

プロの鑑定士に切手買取をしてもらいたけいどどうやって探すの?

切手は、デザインを楽しむコレクション的要素があるのはもちろんのこと、日本国内で発行された切手の場合は、古いものであっても、郵便物に貼付すれば、現在でも実際に使用できるという、資産としての価値も持っているのが、面白いところです。

そんな中でも、家にある不要な切手や、価値のある切手を、買取してもらいたいと考えた場合、どれぐらいの査定額となるのか、気になるところです。

記念切手では、発行枚数が多かったものについては、市場でも在庫が溢れている状態で、一部では、事前に買取予約を行い、買取を受け付ける枚数に制限をかけているケースもあるため、対象となる切手を売却する予定があるなら、タイミングを見て、早めに手続きを行う必要もあります。

原則としては、未使用のシートで、状態の良いものほど高値となりますが、希少なものであれば、1枚からでも、高い価値を持つものがあります。

特に昭和23年に発行された「見返り美人」は、発行枚数が少なく、市場評価額が15000円という、破格の金額になっています。

切手収集家による評価は、時代とともに変化し、昨今ではさらに細分化され、多様性を持つようになっています。

外国の切手にも注目が集まるようになり、欧米中心の時代から、アジアへと目が向けられるようになり、中国切手の持つ、これまであまり見たことが無い、新たな風合いを持つデザインに新鮮さを覚え、外国の切手を収集するマニアの間でも、新たなカテゴリーとして確立しつつあります。

そして、昨今、さらに大きな注目を集めているのが、見本の切手です。

郵便局に行くと、記念切手が新しく発行された際には、ウィンドウの中に、「みほん」というスタンプの押印された切手が展示されていることがあります。

スタンプの独特のフォントのデザインの面白さに加えて、実際に郵便局内で見本品として活用されていたことに歴史的価値を見出し、切手収集家の間でも、取引額が上昇している傾向にあります。

それらの切手を買取してもらいたいと考えた場合、どれほどの査定額になるのか、個人で判断するのは、なかなか難しいものです。

そんな時は、切手買取を専門に取り扱っている会社に、査定を依頼するのがいちばんです。

最近では、店舗に直接足を運ぶだけではなく、宅配便を利用して送付して査定を受けたり、自宅まで査定員が来てくれる訪問買取に加えて、インターネットを通じて撮影した写真を送付して査定してもらうなど、自宅に居ながらにして、すべての手続きが行える便利なサービスも登場しています。

«
»