切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

消印付きの古いはがきでも買取してくれるの?

封書に付いたままの使用済み切手や、消印の付いたはがきを皆さんはどのようにされているでしょう。
郵便物として保管している、封書の中身を取り出して消印付きの封書は捨てているという人もいるのではないでしょうか。
でも、ちょっと待ってください。そのハガキや封書、買取り専門店に持参して無料査定してもらえば買い取ってもらえる可能性もあります。

趣味で切手を集めるマニアの人なら、記念切手だと思わず目がいくハズです。
そして消印付きの切手の部分だけ切り取って、保管している人もいらっしゃるでしょう。
しかし保管しておいても何の価値もありません。
ましてや郵送などで再度利用できるわけでもなく……。
それなら店舗で査定員の人に相談して売却する方が賢いと言えるでしょう。

では、どうやって使用済み切手や、消印の付いたはがきを少しでも高い買取価格で引き取ってもらうには、どうすればいいのでしょうか。
通常、使用済み切手や書き損じたはがきは、ボランティアなどが寄付として回収しています。
それをボランティアの手でキロボックスという単位に分類。
その後、日本や海外の切手イベントを開催する際に、世界各国の切手のコレクター達が欲しい切手を購入します。
集まったお金は、全額を「手紙を書こう!プロジェクト」という事業に充当しています。

一方、使用済み切手や、消印の付いたはがきを個人的に収集しているコレクターがいることも事実です。
切手の使用が前提の金券ショップでは、買い取ってもらえない店舗がほとんどでしょう。
しかし一部の買取専門業者やインターネットオークションで、使用済み切手や、消印付きの古いハガキが売れるケースもあります。
私たちにとって不用でも、コレクターにとっては価値あるお宝なのでしょう。

一般的に新しい切手より古い使用済み切手や、消印付きのはがきの方が高い査定価格がつきやすいと言われています。
では買い取ってくれるところを調べるにはどうしたらいいのでしょうか。
インターネット上で、使用済み切手といったワードを入れて検索すると、買取してくれる店舗が出てくるでしょう。

中にはメールなどに画像を添付して査定の段取りを手ほどきしてくれるところもあります。
高い価格で買い取ってもらう為のポイントは、何より保管状態の良さです。
水漏れしていたり、折れたり、色落ちしたものは、価値が下がりやすい、もしくは値がつかない傾向にあります。

もし古い切手が自宅や、祖父母の家に眠っているのであれば高く買取ってもらえるかもしれません。
思い当たる切手があり、特に必要性がなければ、ぜひ査定に出してみてくださいね。

«
»