切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

バラの切手でも買取してもらえるの?

切手は、記念切手のような、美しいデザインが施され、歴史的価値とコレクション的価値があるものだけではなく、常時販売されている一般的な切手でも、日本郵便発行のものであれば、日本国内で送付する郵便物に貼付することで、実際に使用できるため、資産としての価値も持っています。

したがって、記念切手は一定以上の価値があるのはもちろんのこと、常時販売されている切手は、たとえ未使用のシートの状態では無いバラの切手でも、歴史的価値のある切手ではなくても、最低でも額面通りの金額から手数料を差し引いた程度の買取をしてもらうことは可能です。

ただし、自分自身ではコレクション的価値の無い切手だと思っても、実は思わぬ高値がついている可能性もあります。

一般的な、いわゆる金券として取り扱うリサイクルショップと、歴史的価値、コレクション的価値を考慮する、切手専門の買取ショップでは、査定金額に大きな差が出てしまうことが、しばしばあります。

そのため、安易に一般的な金額で売却せずに、まずは、切手専門の買取ショップで実施している無料査定を活用し、切手の価値を適切に判断できる専門家である査定員に相談して、その価値を確認してから決断しても遅くはありません。

昨今では、買取ショップの店頭に直接切手を持ち込むだけではなく、宅配便を利用して送付し査定をしてもらう、宅配査定や、査定員が家まで訪問してくれる、出張査定に加えて、インターネットの公式ホームページの専用フォーム、スマートフォンやタブレットのメッセージアプリから撮影した写真を送付して査定をしてもらうオンライン査定などを実施している業者が増えており、オープン時間に足を運ぶ時間の無い方や、最寄にショップが無い方でも、査定を受けられる、多様な手段があります。

店頭に足を運んだり、宅配査定、訪問査定など、直接商品を見て査定してもらう方法を選択した場合は、少しでも迅速に査定を行ってもらったり、その中に、もしかしたら眠っているかもしれない宝を見逃さないためにも、相手に分かりやすくするために、仕分けをして送付するのが大切です。

査定額に納得し、売買解約が成立した暁には、商品として店頭に並ぶかもしれない大切な切手なので、その内容を、的確に伝えたいところです。
査定に出したい切手を、同じ金額、デザイン、サイズのものをひとまとめにして、できれば「記念切手シート100枚」など、メモを添えると、大変分かりやすくなり、特に枚数が多いケースでは、査定員の方の作業が、よりしやすくなります。

«
»