切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

1000円切手シートの買取価格はいくらぐらい?

切手シートを持っているけれども、特に使うあてもないという場合、ただそのまま持っているだけでは宝の持ち腐れです。
何とかして活かしたいと考えることでしょう。
こういう場合、最も一般的な方法は街中の金券ショップに持ち込むことです。
その切手シートを現金にて買い取ってくれるからです。

このとき、買い取りの価格がどれくらいなのかというのは当然ながら最も気になるところでしょう。
これはショップによっても異なりますし、それ以上に切手の種類や、シート単位なのかそれともバラなのかによっても異なってきます。
簡単に言えば、ショップ側が買い取った切手を販売する際に、売りやすい切手、売れやすい切手というのは買い取りの値段も高くなりますが、一方で扱いにくい切手、あまり需要のなさそうな切手に関しては値段が低くなってしまう傾向にあります。

このことをまず頭に入れて、だいたいどういう傾向があるのかを見てみましょう。
当然ながら、シート単位のほうが扱いやすいですしバラの切手というのは扱いにくいです。
ショップが買い取るときにも1枚1枚確認しないといけないのではそれだけ手間もかかり、それは人件費に直接跳ね返ってきます。
販売するときでも同じでしょう。
切手を100枚欲しいという客が来店した場合、普通はシートを欲しがるでしょうし、売るほうとしても取り扱いが楽であるのは間違いありません。
平均すると、シートであれば80%前後の買い取り率になるかもしれませんが、バラであれば場合によっては50%程度にまで激減してしまうこともありえます。

別の要素もあります。
それは切手の額面です。
一般的に、よく使われる価格の切手に関しては需要も高く、それだけショップの不良在庫になってしまう可能性は低いと考えられます。
ハガキや封書に普通に使われるような切手がそれに相当するでしょう。
そういうものは買い取り率も高くなります。
ある程度高額の切手にもそれなりに需要はありますから、ハガキや封書に普通に使われないものであっても極端に率が下がるというようなことはないでしょう。
問題は額面の安い切手です。
例えば10円とか5円、場合によっては1円とか2円などの切手がそれに相当します。
このような切手は、最近の消費税の関係でそれなりに需要があると思われるかもしれません。
それは事実ではあるのですが、ショップにとってはなにせ儲けにならないのです。
そんな安い切手を扱うときでも人件費は同じだけかかってしまいますので、割に合わない商売になってしまうからです。
つまり、買取率というのは下がる要因になります。
シート単位であっても70%程度になってしまうことは十分にあるでしょう。

なお、場合によってはその切手を使いたいと考えている友人や知人などに額面価格そのもの、あるいは金券ショップほどではないけれども多少色をつけた値段で買い取ってもらうというのが一番理想的かもしれません。
ただし、一般人の場合はいくら使うといってもたかが知れているでしょうし、また友人や知人だからこそかえって気を遣うということもあるかもしれません。
そういうことが少しでも気になるのであればあっさりとショップで換金してしまったほうが後腐れがなくて済みます。

ちなみに、切手を郵便局に持ち込んでも現金にて買い取ってもらうようなことはできませんが、手数料を支払った上で別の切手に交換してもらうことは可能です。
額面が大きすぎて使いづらい切手などはこの方法を取るのもよいかもしれません。
ただし、その切手の額面に関わらず、1枚あたり5円の手数料が必要です。
そのため、少額の切手を取り替えようとすると手数料が馬鹿にならない金額になってしまいますから注意しましょう。

«
»