切手買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

普通切手の買取相場は?

余った切手がご自宅にある方、捨ててしまうのは勿体ない事です。
これからお伝えする事を知るか知らないかでは、これからの生活に変化があるかもしれません。
とはいっても、切手を使う機会も年々減ってしまっているのではないでしょうか。
インターネットやメールが普及している今、手紙や葉書のやり取りはどうしても億劫に感じてしまいがちです。
「もう使う事は無いかな…」と考えているのであれば、現金に換える仕組みや価格相場を頭に入れておきましょう。

まず一般的に使用される普通切手について。
主に郵便局にて郵便料金の納付を目的として発行された切手シートの事を言いますね。
額面が高ければバラで購入する事が多いでしょう。
一体この小さな切手にどのような価値があるのか?と疑問を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし古ければ古いほど、その買取価格はぐんと跳ね上がるのです。
たとえば1951年4月発行の前島密柄の1円普通切手は、翌年に発行されたものに比べ10倍の価値があると言われています。

それでは時代別にご紹介していきますね。
まず明治時代の普通切手の相場は2万円~ですが、旧高額切手や竜文切手等のレアな種類ともなれば10~15万で査定される事もあるようです。
その姿は現代の切手とは異なり、人物像が描かれていますね。

次は大正時代ですが、こちらは低価格のものが1000~3000円、高値と呼ばれる査定額は2万円~3万円が妥当とされております。
明治時代に比べると相場は下がりますが、それでもお宝と呼べるでしょう。

昭和時代にもなれば最近ですから、500円~2000円程度です。
価値は下がっても枚数が多ければ多額の現金換金が出来るので、見つけられたら喜びましょう。

また、査定の基準は3つのポイントで決められます。
一つ目は、普通切手の人気と希少価値です。それは切手コレクターに人気が高かったり世の中に残る枚数だったり。
需要があればあるほど高額になっていくでしょう。
もう一つは発行年ですね。
1955年以前の明治・大正時代に発行されているものなんかは手に入りづらいため、レアな切手とされて評価されるのです。
そして三つ目は、何より保存状態ですね。大切に保管していても湿気によるシミや表面の剥がれ、また汚れがあれば査定金額に影響してしまうもの。
逆を言えば、目立った傷や汚れなど無く品質が高ければその価値は更に上回るかもしれません。
切手に限った話ではありませんので、鑑定してもらう際のポイントとして抑えておきましょう。

こうして査定された普通切手ですが、実際どこで買い取ってもらえばいいのか。
ここが肝心であり重要ですが、最高値での買取をしてくれる金券ショップでの取引が手っ取り早いでしょう。
「本当に?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、金券ショップはチケットや金券だけでなく切手の査定を行っている店舗も御座います。
お近くのお店にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。
もう一方では、切手買取専門店という切手を専門で扱っている業者もあるのです。
こちらは金券ショップよりも知識力が高い可能性があるため、高値で買い取ってくれる場合もあるかもしれません。
また外出せずに済む出張買取のサービスも御座います。
自宅に居ながら出来るので楽ですね。
どちらがより良い取引が出来るのかは分かりませんが、予め調べる必要がありますね。
鑑定士の腕にもよりますが、お金の問題ですから軽視せずにいきましょう。

普通切手の買取についてお伝えしてきましたが、お心当たりはあるでしょうか。
かつて切手コレクターだった方や集める事が好きだった方がいらっしゃれば、ご自宅やご実家を探されてみてはいかがでしょうか。
お宝となる切手が眠っているかもしれませんよ。

«
»